上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるにょ
#1 パンチはグーで 最初はグーで


ある晴れた昼下がり。雨が降っていた。コツーヌフは晴れているのに雨が降っているのを不思議に思ったが、まぁいいや、と食パンを口に咥えながら役場まで走っていた。


コツーヌフは35歳の少年だ。最近、腰が痛い。株式会社コテピカラチョゲナに勤めている。履いて歩くと音が出る靴を製造している会社で、コツーヌフは営業をしている。歩くたびに「いーしやぁーきいもーいもっ」と音がでる靴が売れ筋だ。最近、腰が痛い。


コツーヌフは食パンを100メートル走るごとに1センチずつ食べながら役場まで走っていた。既に30センチは食べた。コツーヌフの計算ではあと12センチ食べれば役場に辿り着く。


コツーヌフは食パンを食べながら役場まで走っていた。
空は晴れていた。雨が降っていた。


食パンをモグモグしながら疾走するコツーヌフは異変に気が付いた。既にもう夕方だったのだ。腕時計を見ると22:15分だった。もう夜だった。


コツーヌフは激怒した。役場が閉まっていたからだ。


                         #2 『きみの元気は♪ぼくの元気だ♪ファイト!』 へ続く

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://chillda.blog94.fc2.com/tb.php/2-36f8fd43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。